十市県主(とおちのあがたぬし)今西家は神代(かみよ)より磯城(しき)の地に根を下ろし栄枯盛衰をくりかえし幾星霜(いくせいそう)
永禄(えいろく)年間に突如として町が生まれた。それは今西家先祖が十市遠勝ら一族郎党と共に今井へやってきた時期である。
町の周囲に堀を穿(うが)ち最前線である西口に(やぐら)を築き武装して、天正三(1575)年、再三にわたる降伏勧告を突っぱねて本願寺と結んで時の権力者織田信長と戦った。しかし、顕如(けんにょ)上人が和睦を申し入れたため戦いの大義をなくし、堺の茶人津田宗及の仲裁によって武装放棄を条件に赦免状が与えられた。同年冬、信長公が今西家に本陣を置き「萬事大坂同然(ばんじおおさかどうぜん)」とする自治特権を認める裁決を下した。褒美(ほうび)を下賜し、当家を眺め「やつむね」と唱え本陣を後にした。また、大坂夏の陣の際、豊臣方の大野治房(おおのはるふさ)麾下との激戦があり河合清長以下鉄砲隊の活躍によって町は無傷のまま残った。その功績を称え、家康公ことづけの来國俊薙刀(なぎなた)を拝領し、今井の西口を守ったことにより名字を今西とすることを勧められた。明治維新後(明治三)1870年10月、今西逸郎は今井町の市中取締役を引き続き任ぜられ、町政にあたった。新政府から男爵(だんしゃく)位をすすめられたが辞退し、今井町近隣に持ち上がった鉄道駅建設計画に反対した。この英断により乱開発が阻止され、今井町の町並みは残り、後に重要伝統的建造物群保存地区に選定されるに至ったことは、当家の誉れである。

三英傑さんえいけつ(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)が自治を許し、三宗匠さんそうしょう(今井宗久、津田宗及、千利休)がでた戦国時代の古い町並みが残る今井町には、見る者を感動させるものが暮らしの中で息づいています。当法人では日本建国の地「橿原市」において、歴史と伝統を守り継ぎながら重要伝統的建造物群保存地区「今井町」の観光を促すと共に、文化財の公開活用および歴史伝統文化の体験事業の運営をはかっております。

公益財団法人 十市県主今西家保存会


今井町 今西家 Imaicho Imanishi Family

▶ 各ページの紹介

(画像かテーマをクリックして下さい Image or theme Click)

今井町 今西家

建築史家から「民家の法隆寺」といわれる重要文化財今西家住宅の概要(わが国最古の帳台構え,三階倉倒壊)と写真ギャラリーなど


十市県主今西家

いにしえより磯城彦から磯城県主と志操を継承してきた十市県主今西家一族のあゆみと由来について、時代をさかのぼり解説いたします。

自治都市 今井町

一向宗と結んで時の権力者織田信長と戦かい、武装解除されたものの「天下布武」の朱印状により自治権を認められ、友好関係にあった「海の堺」と共に「陸の今井」として栄えました。

Imaicho Imanishi Family Residence

Outline of An important Cultural Property The Imanishi Family Residence in Imaicho,Kashihara-shi,Nara/External links/Access・Guide of the tour


今西家当主

環濠の意義と先人たちの自衛意識及び先見性と今西家先祖の英断によって今井町の町並みは残り、遺志を次世代に継承する使命の貫徹と公益財団法人の定款および概要など

皇室 ご来訪

いにしえより磯城の地に根付いてきた十市県主今西家の血族・親族および関係が深い人物や皇室ご来訪を紹介いたします。

伝統文化体験事業

重要文化財今西家住宅と伝統建築工法で建築された今西家新家を各種セミナー、会議・展示会、観賞会・本膳食事会・お稽古事などに活用して、収益事業を運営して参りますので、ご用の方はお問い合わせ下さい。


寄付 チャールズ皇太子
onlineshop
今西家リンク


公式ブログ/Imanishis Official Blog

The Imanishi Preservatio Foundation official Blog
The Imanishi of Tochiagatanushi clan Preservation Foundation official Blog

橿原市 今井町 観光/news topics/お知らせ

news topics

戦国時代の町並みが残る 奈良県橿原市今井町。当時、なぜ焼き討ちを逃れ、この景観を現代まで守ることが出来たのか。いかにして戦さをおさめ、敵からもあっぱれと言わしめ自治権を認めさせたのか。その秘話と今後の展望を対談の中でお話ししております。