木材

木材 · 2018/06/02
封建時代、今井は独立したガバナンスで「自治都市」を展開すると共に総合商社の先駆けを展開していました。 そのバックボーンとなったのは、吉野の山林における豊富な木材資源であり、堺との流通網から国内外の物流と情報が集まったことにあります。 高度経済成長期、日本の民家および古い町並みは、古臭いだとか汚くて暗いなどと非難をされてきましたが、古い町並みと自然と共存する農漁村が見直され、町並み散歩とエコツーリングが若者や年金受給者を中心に脚光を浴びました。また、アレルギーによるシックハウスが問題になり、木造と漆喰による自然素材で造る家屋の見本としての古い民家から学ぼうとする機運が深まってきました。