小野忠明/御子神典膳

小野派一刀流の開祖で徳川家剣術指南役であった御子神典膳(みこがみてんぜん)こと小野忠明は、十市氏の一族。安房国朝夷郡丸山郷神子上の郷士で里見氏の家来。曽祖父の神子上大藏は里見十人衆頭600石。祖父の神子上庄藏は100石で(天文三)1535年の犬掛合戦で木曽新吾と相打ちで死亡(『房総里見軍記』『里見九代記』)。父は神子上重(神子上土佐)。母は小野氏。御子神とは、神の子という意味で、大国主の子である事代主の末裔の十市氏の祖先から由来。


柳生宗矩(やぎゅうむねのり)と仕合をした際に真剣に対して、一寸八尺ばかり(約55センチ)の薪の燃えさしで応戦、宗矩の服をススだらけにし、柳生十兵衛さえも降参したという逸話(一刀流三祖伝)が残っている。

通常、将軍家の師範役という立場をわきまえて、他流試合などは受けなくなるが、宮本武蔵が二度目の江戸入りをした際、柳生宗矩が武蔵の挑戦を避けたのに対し、小野忠明は自分から武蔵に挑戦状を叩き付け、武蔵が恐れこれを避けたという。