徳川家康/河合権兵衛改め今西正冬

五代目川井長左衛門正冬は、大坂夏の陣の際、今井の西辺において大野治房(おおのはるふさ)らを撃破した功により、郡山城主松平忠明が当家へ赴き酒宴のあと、徳川家康からことづけられた薙刀来国俊などを拝領し、今井の西を守ったことから今西を名乗るように薦められました。