十市県主今西家の歴史


十市縣主系図
十市縣主系図

ヤマト政権~鎌倉時代


十市県主(とをちのあがたぬし)今西家
は、弥生時代以前のヤマト先住氏族で、磯城邑(しきむら)(磯城、十市両郡地方)首長の磯城彦(しきひこ)兄弟の弟磯城黒速(おとしきくろはや)の子孫である(神武即位前紀戊午年9月戊辰条・古事記神武段)。(弘仁六)815年に編纂(へんさん)された古代研究の基礎史料である新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)において、十市県主と同族の中原系図に十市県主は、磯城県主から分れた旨を記載している。

御諸山遥拝
御諸山遥拝

磯城邑は大和盆地東南部の初瀬川と寺川によって形成された纒向(まきむく)・磯城・磐余(いわれ)の扇状地域一帯を差し、「石に囲まれた聖域」という意味で、円錐型をした斑レイ岩の塊である神奈備の御諸山(みもろやま)(現:三輪山)麓の山ノ神遺跡(出雲屋敷、狭井川(さいがわ))あたりで(みそ)ぎをし、頂上の奥津磐座(おきついわくら)磯堅城の神籬(しかたぎのひもろぎ)を立てて祭祀を司ってきた。神武東征の目的地である磯城邑を治めていた磯城彦の兄磯城師(えしきたける)は滅され、協力した弟磯城黒速に論功行賞として磯城県主(しきのあがたぬし)の称号が与えられた(日本書紀神武天皇即位前期 戊午年十一月己巳条)。神武天皇は、兄磯城軍の磯城八十梟師(しきのやそたける)が兵を結集していた磯城邑の片居(かたい)磐余(いわれ)と名付け、神日本磐余彦尊(かむやまといわれびこのみこと)と称した(日本書紀神武天皇二年二月乙巳条)。先住豪族のもう一人の長である弟磯城が戦さを収めて融和したことで叛乱を抑えた。神武東征後、天皇家にとっての重要な勢力基盤であった弟磯城を真っ先に姻族(いんぞく)とし、磯城県主家と外戚(がいせき)を結び、綏靖天皇(すいぜいてんのう)以下6代に皇妃を入れたとされる。孝昭天皇(こうしょうてんのう) の治世に十市県主と改めた。

新撰姓氏録の第一(ちつ)(皇別氏族)において、安寧天皇(あんねいてんのう)第三皇子磯城津彦命(しきつひこのみこと)が氏祖と記されている(新撰姓氏録左京皇別上86新田部宿祢(にいたべのすくね)、右京皇別上151猪使宿祢(いつかいのすくね))。十市首(とをちのおびと)十市宿禰(とをちのすくね)と改め、(天禄ニ)971年に十市有象・以忠が中原宿禰(なかはらのすくね)姓に改め、(天延ニ)974年に中原朝臣(なかはらのあそん)姓を賜り、明法道(みょうほうどう)明経道(みょうぎょうどう)を司り、大外記(だいげき)少外記(しょうげき)を世襲職とした。その後、押小路家(おしこうじけ)を名乗り、地下家筆頭として世襲され、明治時代に男爵(だんしゃく)となった。

箸墓(倭迹迹日百襲媛命御陵)
箸墓古墳(倭迹迹日百襲媛命御陵)

また、古事記においての第七代孝霊天皇(こうれいてんのう)皇后の十市県主の祖大目の娘細比売命(くわしひめのみこと)の表記名が、日本書紀では磯城県主大目の娘の細媛命と記されていることから十市県主は磯城県主と同一氏族であることがわかる。特に、孝霊天皇と十市県主家とは所縁が深く、細媛命が第八代孝元天皇こうげんてんのうをもうけ、第三代安寧天皇第三子磯城津彦命の孫で皇妃の倭国香媛やまとくにかひめが邪馬台国の卑弥呼や桃太郎に推定される倭迹迹日百襲姫命やまとももそひめのみこと吉備津彦命きびつひこのみことをもうけている。

十市御縣坐神社(橿原市十市町、社殿祭神 十市県主大目命)
十市御縣坐神社(橿原市十市町、祭神:豊受大神 社伝祭神:十市県主大目命)

第十代崇神天皇(すじんてんのう)の治世になると御諸山信仰の祭祀職を離れ、本拠地を御諸山山麓から十市御縣坐神社(とをちのみあがたにますじんじゃ)に移したが、疫病が流行り、百姓流離し国に叛くものがあった。皇女倭迹迹日百襲媛命の神託に従い、天皇は物部連伊香色雄(もののべのむらじいかがしこお)に命じ、茅渟県(ちぬのあがた)大田田根子(おおたたねこ)を探し出して祭祀主とし、御諸山を三輪山(みわやま)として大物主神(おおものぬし)を祀らせた結果、国内が鎮まり、五穀豊穣して安堵した(崇神記七年二月辛卯条)。第十一代垂仁天皇(すいにんてんのう)の治世に皇女倭姫命(やまとひめのみこと)御杖代(みつえしろ)となって「磯城の厳橿の本(しきのいつかしのもと)」に鎮座していた天照大神を「磯堅城の神籬」にうつして、巡礼を経て伊勢の地に祀った(日本書紀 垂仁天皇25年3月条)。

甘樫丘より畝傍山、二上山を望む
甘樫丘より畝傍山、二上山を望む

ヤマト政権は有力豪族に支えられて朝廷を中心とする中央集権統一国家を形成していったが、より確固たるものにするために聖徳太子(厩戸王)(うまやどのおう)によって十七条憲法を制定し、中国の制度を採り入れた律令国家を目指した。その志が中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)に受け継がれ、中臣鎌足(なかとみのかまたり)と共に大化改新(たいかのかいしん)を断行して基礎を固め、天智天皇(てんじてんのう)の近江令、天武天皇(てんむてんのう)飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)、藤原京において文武天皇(もんむてんのう)大宝律令(たいほうりつりょう)制定によってほぼ完成した。

興福寺五重塔
興福寺五重塔

京都に遷都され、朝廷の官職に就くために出仕し、中原朝臣姓を賜り貴族化する一族と、あくまでも十市御縣坐神社周辺に根付き十市中原氏を称する一族に分かれた。摂関政治が行われ、11世紀前半には、大和の国司(くにづかさ)は摂関家の後ろ盾で国内を支配したが、11世紀後半になり、院政が始まって摂関家の力が後退すると、国司と興福寺との力関係に変化がおこり、12世紀半ばには国衙(こくが)が及ばなくなり興福寺の力が強くなった。古代豪族の末裔である大和四家と呼ばれる衆徒国人(しゅとこくじん)(筒井氏、越智氏、十市氏、箸尾氏)が武士団を組織して興福寺の荘園を管理した。

古来より、人々は天地雷鳴などの自然現象や神憑りによって神からの託宣(たくせん)をうけとった。

若草山の南、春日大社の東に、春日山と総称される山々がある。

現在、春日山原始林と呼ばれる照葉樹林におおわれた地域である。

この春日山の木々が何千本という単位で夏にもかかわらずいっせいに枯れるという事が、中世に幾たびかあった。

(嘉元二)1304年、鎌倉幕府は敢えて大和には守護を置かずに地頭(じとう)のみを置いたが、興福寺の僧や春日神人(かすがじにん) らによって追放されるという事件があった。

幕府は興福寺の僧や春日神人を多数逮捕して、その所領に再び地頭をおいた。

この措置を嘆き悲しんでいたところ、春日山の木々がいっせいに枯れてしまい、人々は託宣どおり神がアメノミヤにお帰りになったのだと噂した。

この話が関東の幕府に伝わり、驚いて地頭を撤廃することにしたが、その決定が大和に伝わる前に、夜中に四方八方の雲が光り、風が吹き、雨がそそぎ、星のような光が次々と飛来して春日社に入り、神の帰坐(きざ)を示したことが「春日権現験記(かすがごんげんき) 」に記されている。

その後、幕府は神の怒りを放置しておく訳にはいかず、神楽(かぐら)を奉納し、興福寺の要求を聞き入れ神の慰撫(いぶ)につとめた。

 

興福寺は、春日社の神木を動かして朝廷をも威嚇し、要求を貫徹させてきた。

ここでいう神木は、神主が運べる程度の大きさの榊に神の依代(よりしろ)である鏡を取り付けたものであるが、威嚇の第一段階として、興福寺の僧たちは春日の神を神殿から呼びだして鏡に付け、神木を春日社内の移殿(うつしどの)に移した。

ここで要求がいれられれば神は元の神殿に戻ることとなるが、いれられない場合、第二段階として神木は春日社を出て興福寺の金堂に移された。

ここでも尚、威嚇の効果がないとき、いよいよ進発ということになり、神木は何百何千という神官、楽人、僧などのお供を伴って京へ向けて出発した。途中、木津を経て宇治では平等院に入ることが多く、ここから聞き容れられれば引き返すこともあった。

京では、藤原氏の勧学院や長講堂などに入った。

 

神木の入洛(じゅらく) とは、藤原氏にとって氏神が身近にこられたことであり、日常の業務を離れて神に奉仕することが必要になる。朝廷には源氏や橘氏など他姓の貴族も居たが、藤原氏が圧倒的に多く、神木上洛は政務をストップさせるものであった。

 

従来幕府は、「神木動座(しんぼくどうざ)」があると朝廷を通じて興福寺と折衝(せっしょう)してきた。幕府が自らの判断と責任で直接興福寺を抑えにかかることは、決して無かったのである。

「広瀬社神主曽祢(樋口)氏系図」
「廣瀬社神主曽禰連(樋口)氏系図」

南北朝時代

南北朝時代、十市民部太夫中原遠武(とをちみんぶだゆうなかはらとおたけ)の次男河合民部少輔中原遠正(かわいみんぶしょうゆうなかはらとおまさ)は、廣瀬郡河合の廣瀬大社(ひろせたいしゃ) 神主・饒速日尊(にぎはやひのみこと)の後裔である曾禰連(そねのむらじ)樋口太夫正之の婿養子となり、8000余石を領して河合城を築き、(延元元)1336年8月28日に兄の十市新次郎入道と共に雑兵500人を引き連れ後醍醐天皇(ごだいごてんのう)を吉野へ奉送(ほうそう)

(貞和五)1349年、楠木正行(くすのきまさつら)楠木正時兄弟・十市新次郎入道らと共に四條畷の戦い(しじょうなわてのたたかい)に加わり楠木正儀(くすのきまさのり)配属として戦った。

 

廣瀬大社(北葛城郡河合町川合99)
廣瀬大社(北葛城郡河合町川合99)

・(暦応四)1341年2月29日、広瀬郡河合城(大日本史料6-6-668)。

・(至徳元)1384年、春日若宮祭礼の願主人の交名に「河合殿」がみうる(長川流鏑馬日記 至徳元年甲子卯月日注之)。
※春日若宮おん祭は毎年7月1日の流鏑馬定(やぶさめさだめ)によって始まり、その年の流鏑馬頭(願主人)を定める儀式で、大和士(やまとざむらい)といわれる衆徒国人たちが交代で願主人を務めた。

おん祭りがはじめられた当初から、大和士によって流鏑馬十騎が奉納されてきた。大和士とは、十市氏を首領とする長谷川党、箸尾氏を首領とする長川党、筒井氏を首領とする戌亥脇党、楢原氏を中心とした南党、越智氏を中心とした散在党、平田党の六党をいう。


しばしば、流鏑馬の順番をめぐって筒井氏と十市氏が刃傷沙汰(にんじょうざた)をおこし、興福寺別当が頭を悩ましたようであるが、争いを避ける方法として稚児を流鏑馬に登用して、武士のメンツを立てて解決したのである。

興福寺が大和に対して強い力を振るうようになったのは、さまざまな理由があるが、その中でも最も重要なものとして、大和の武士団を一つに束ねまとめるために「春日若宮おん祭り」をはじめたことである。常時は死を掛けて戦いに合まみえている彼らが、おん祭になれば年一か所に集って若宮のご加護を祈り、氏子として共に奉仕する姿は、御神威ともいうべき奇得なことであった。

おん祭りが大和国全体を挙げての祭りであったことは、祭りの挙行に先立って大和にある四隅に春日神人(かすがじにん)を派遣して、準備周到であったことからもうかがえる。

おん祭りの費用や仕事が興福寺の大衆や興福寺に連なる人々によって分担されていることによくあらわれており、その身分や地位に応じて田楽や競馬などの費用を負担しあった。

摂関家からの奉幣使(ほうへいし)といわれる「日使(ひのつかい)」は興福寺の楽人(がくにん)であった。

また、おん祭りの費用を負担したのは、僧や武士や楽人だけでなく、助成(じょじょう)(とぶらい)とよばれた贈与・援助が活発に行われて、支えられてきた。

 

天文三(1534)年卯月、十市遠忠春日大社へ灯籠奉納
天文三(1534)年卯月、十市遠忠春日大社へ灯籠奉納

戦国時代~安土桃山時代


十市家中興の祖といわれ戦国歌人として文武両道の誉れが高い十市遠忠とをちとおただの頃が最盛期で、嫡男十市遠勝の代になると、筒井順慶松永久秀の激しい戦いに翻弄され、娘のおなえは久秀に人質として差し出され、のちに嫡男久通の妻となった。織田信長が入京し、久秀が信長の力を背景に力を取り戻して、龍王山城が十市氏の手に戻り、おなえを旗印とする河合権兵衛清長以下松永派が筒井派を抑え込んだ。しかし、松永久秀が信長を裏切り、筒井順慶の巻き返しがおこり、(永禄九)(1566年)2月十市遠勝ら一族郎党と共に松永派は今井の河合権兵衛居宅(現今西家住宅)へ亡命した。

・河合権兵衛清長が興福寺七堂仏餉料所ぶっしょうりょうしょとして私領田を寄進(多聞院日記たもんいんにっき)。
・(永禄四)1561年2月19日、河合権兵衛 三好党松永久秀の使者渡辺与次に随行し順興寺へ実従(蓮如第七子)を訪問(私心記)。

・河合権兵衛清長が南都福智院に田地二町三反を寄進(多聞院日記 永禄9年1566年4月7日条)。
・(永禄十)1567年多正月 十市殿、御内室ならびに内衆は今井に在住。 3日十市殿へ円鏡 、膳、樽など常用される荷物を十市の又六から今井へ持参完了する。27日今井へ為年首之礼下了、十兵ヘ一荷、御内ヘ百文、御ちへ百文、河権へ百文、上甚ヘ障子帋二帳、ト祐、伊源、中木、南左、同又八郎、同四郎、森主、松甚、マコ四郎、ヤ六、嘉藤二、サコ、セイ六、 衛門太郎、又六、宗二郎、甚四郎、衛門二郎(多聞院日記)。

・(永禄十一)1568年2月22日「河権」(河合権兵衛)、大和国春日神社へ栗毛の「神馬」を奉納(多聞院日記二)。

・(永禄十一)1568年3月12日、今井居宅で一族の十市遠勝と三好三人衆の三好長逸、篠原長房と誓紙を取り交わす(多聞院日記)。

・(永禄十一)1568年8月27日、十市遠勝、龍王山城から十市平城に退去。その直後 秋山氏の手に落ちる。(多聞院日記)。
・(永禄十二)1569年6月9日、河合権兵衛より書状来る(多聞院日記)。
・(永禄十二)1569年10月24日、十市遠勝(遠成)が病死し、親松永派(十市後室、おなへ、河合権兵衛清長、伊丹源二郎、田中源一郎、川嶋藤五郎、上田源八郎、森本喜三) と親筒井派(一族の十市常陸介遠長)に分裂し、12月に河合権兵衛清長以下六名は十市後室を奉じて十市城を出て今井へ退去した(多聞院日記)。

・(元亀二)1571年12月8日、多聞院英俊が今井へ十市後室に面会(多聞院日記)。

※「多聞院日記」は、水戸光圀や前田綱紀の修史事業、江戸幕府書物方下田師古による抜書で知られ、現在の公刊史料の底本となっている。

今井町画(橿原市教育委員会)
今井町画(橿原市教育委員会)

(天正三)1575年、石山合戦に呼応し、織田信長の降伏勧告を拒絶した在郷武士団(十市家、河合家一族郎党)と長島一向一揆の牢人などの今井郷民が挙兵し、明智光秀配属の筒井順慶率いる織田軍勢と半年あまり戦った。しかし、一向宗率いる顕如上人(けんにょしょうにん)が信長に和睦を求めたため戦う大義を無くし、堺の天下三宗匠・津田宗及(つだそうきゅう)の斡旋によって今井郷に赦免状(しゃめんじょう)(橿原市指定文化財)が与えられ信長と和した。以後、本願寺とは一線を引いた。

同年冬に信長は、今西家南側に本陣を構え、武装放棄を条件に「萬事大坂同前(ばんじおおさかどうぜん)」として、座や課税などの制約を受けない自治権を認め、今西家の土間をお白州に見立ててお裁きが行われた(織田信長朱印状)。信長は褒美として名刀を下賜し、本陣を後にする際に当家を眺め「やつむね」と唱えた(旧今井町役場)。


・(天正四)1576年11月14日、河合権兵衛、十市後室、織田信長への礼問(れいもん) のために俄かに上洛す(多聞院日記二)。
・(天正四)1576年11月24日 筒井順慶(「筒井」)、「十後室」を同伴し上洛。(多聞院日記二)。

・(天正七)1579年3月16日、筒井順慶、十市後室、上洛す(多聞院日記三)。

織田信長天下布武朱印今井郷惣中宛赦免状
織田信長天下布武朱印今井郷惣中宛赦免状(橿原市指定文化財)

・「当郷事令赦免訖、自今以後、万事可為大坂同前、次乱妨狼藉等、堅令停止之状如件」(天正参年十一月九日織田信長朱印今井郷中宛)
石山本願寺(大坂本願寺)が寺内町において、既におこなっていた楽市場として保障していた市場に対して、信長も石山本願寺の政策を踏襲し「大坂並み(おおさかなみ)」を取り決めた。

手錠(今西家所蔵品)
手錠(今西家所蔵品)

江戸時代


(元和元)1615年今井西辺において大坂方の大野治房(おおのはるふさ)麾下の箸尾重春、布施春行、萬歳友次、細井武春らと激戦があったが河合清長(川井長左衛門正冬)以下鉄砲隊の活躍により町は無傷のまま残った。

(元和七)1621年5月、大坂夏の陣の功績を称える為に郡山城主松平忠明(まつだいらただあきら)が当家へ赴き饗宴の後、徳川家康ことづけの来国俊銘の(らいくにとし)薙刀(なぎなた)などを拝領し、今井の西口を守ったことから名字を今西とすることを勧められて改名した(姓は中原のまま)。

(寛永十一)1634年には全国にさきがけて幕府から許可を得て、今西家が札元(ふだもと)造幣所となり、藩札と同価値のある紙幣「今井札(いまいさつ)」が発行され、74年間流通したが、兌換(だかん)の保障と信用が高く、「海の堺、陸の今井」と謳われ「今井千軒」栄えた。

今井札(今西家造幣所札元)
今井札(今西家造幣所札元)

大坂夏の陣の際、豊臣勢の攻撃を受けて傷みが激しかった長屋門(ながやもん)が付設された今西家を陣屋として使用するために(慶安三)1650年に改築したのが七代目当主今西正盛(いまにしまさもり)で、俳諧(はいかい)の友として松尾芭蕉井原西鶴と親睦が深かった。

(寛文七)1667年今西正盛の句集『耳無草』(『詞林金玉集(しりんきんぎょくしゅう)』)を編纂する際に交際の深かった松尾芭蕉が若くして俳諧の道に進んだ頃に発句している。

明治時代~現代


十三代目当主今西正巌逸郎(いまにしいつろう)は、明治政府から今井町の市中取締役(しちゅうとりしまりやく)を引き続き任されて、男爵位を薦められたが辞退し、今井町近隣に持ち上がった鉄道駅建設計画に反対した。この英断により今井町の町並みは残り、後に重要伝統的建造物群保存地区に選定されるに至った。これにより乱開発が阻止され、町の保存に貢献した。


(昭和三十)1955年、東京大学工学部建築学科による町屋調査を経て、今西家が(昭和三十二)1957年6月18日に(慶安三)1650年3月22日の記のある棟札と共に国の重要文化財に指定され、文化財保護法により根本修理に着手し、奈良県教育委員会が今西家の委託を受けて(昭和三十六)1961年3月に起工し、(昭和三十七)1962年10月に竣工した。当家が重要文化財に指定されることにより、今井町の町並み保存の機運が高まり、全国町並み保存の先駆けとなった。(昭和五十)1975年の文化財保護法の改正によって「伝統的建造物群保存地区」の制度が発足し,全国の町並み保存が図られるようになった。

(昭和六十三)1988年4月、今西家住宅ならびに同家に伝わる古文書、古美術品の保存維持管理及び公開活用を行うとともに、これらに関する研究調査を行い、以って学術文化の発展に寄与する事を目的とした財団法人今西家保存会の設立を文部省より認可される。

(平成二十六)2014年4月、公益財団法人十市県主今西家保存会として認定される。

重要文化財指定書
重要文化財指定書