信長軍への今井郷抗戦

本願寺と一線を画した今井町の歴史的転換期

石山本願寺 大坂城 大阪城
石山本願寺

浪速(なにわ・なみはや)は波が荒く、大坂、摂津地方で唯一この石山と呼ばれる上町台地が高台であった。この石山は戦国の世を平定するために絶対的に重要な場所であったから、11年間も戦いを継続した。1578年ついに、信長が苦心して考案した鉄艦隊7隻を率いた信長九鬼水軍が再び大坂湾で毛利村上水軍と激突して圧倒した。石山本願寺は、朝廷による和解斡旋を受け入れて、この地を信長へ明け渡した。本能寺の変で主君の信長が討たれると、この地の利を理解していた秀吉が大坂城を築城して天下に号令をかけた。