松永久秀と今井郷
中世十市氏は十市遠忠の頃が最盛期で、嫡男十市遠勝の代になると、筒井順慶と松永久秀の激しい戦いに翻弄され、娘のおなえは久秀に人質として差し出され、のちに嫡男松永久通の妻となりました。 織田信長が入京し、久秀が信長の力を背景に力を取り戻して、龍王山城が十市氏の手に戻り、おなえを旗印とする河合権兵衛清長(後改め今西正冬)以下松永派が筒井派を抑え込みました。 やがて、松永久秀が信長を裏切り、筒井順慶の巻き返しがおこり、十市城を攻略され(永禄九)1566年十市遠勝、御内、おなえ一族郎党と共に松永派は今井の河合権兵衛居宅(現:今西家住宅)へ退去しました。十市家やその一族である河合家のことが「多聞院日記」にしばしば登場し、筆者である多聞院長実房英俊は、十市御内を心配してみやげを持参して今井へ見舞っています。

越智氏と今井庄
平安時代、京都の清水寺が北法華寺と呼ばれるのに対し壺阪寺は南法華寺と呼ばれ栄えた。越智氏の滅亡とともに壷阪寺も衰退していくが、豊臣秀長の家来 本多利久が高取城主となり、庇護を受け復興していった。 高取山(584m)の山上に、元弘2年(1332)越智邦澄が築いた山城が高取城(国・史跡)でその西側ふもとにある。 越智氏は、十市氏と縁戚関係で共に大和士(やまとざむらい)であり、興福寺の荘園を管理していた。南北朝時代には、南朝方武士の中心勢力であった越智氏と、北朝方武士の中心勢力であった筒井氏が大和国で主導的地位を確立し、以後の大和国の抗争はこの両氏を中心にして動いていく。南朝方武士であった十市遠康と叔父で廣瀬大社へ婿養子となり河合城を築いた河合遠正が後醍醐天皇を吉野へ見送った。 ※ 大和士とは、衆徒国人たちで、十市氏を首領とする長谷川党(式下・式上郡)、箸尾氏を首領とする長川党(葛下・広瀬郡)、筒井氏を首領とする戌亥脇党(添下・平群郡)、楢原氏を中心とした南党(葛上郡)、越智氏を中心とした散在党(高市郡)、平田党の六党をいい、特に、越智・十市・箸尾・筒井の四氏が「大和四家」と呼ばれる。

木への感謝を漆器にそえて
十市県主今西家保存会は、吉野の山林の恩恵を受けた世界に誇るべき建造物群保存地区である「今井町」の木造建築の住空間「重要文化財今西家住宅」において四季折々の調度品をあしらって、季節ごとに題目を提案して旬の素材を漆器「膳腕」によそおい作法に囚われることなく「和」の食空間と文化(和をもって貴しと為す→おもてなし)を企画していこうと考えております。 天下三宗匠のひとり「今井宗久」のゆかりの地である今井町から自由で万人が和み得る空間を創出し、海外のひとからも受け入れられる文化的な体験事業を展開するために重要文化財今西家住宅を積極的に有効活用していきます。

磐余邑(いわれ)と鵄邑(とび)
磐余の地の元の名は片居(かたい)。亦は片立(かたたち)という。我が皇軍の虜(あた)を破るに逮りて、大軍集いて其の所に満(いわ)めり。因りて改めて號けて磐余(いわれ)とす。或の曰はく、「天皇往嚴瓮(いつへ)の粮(おもの)を嘗(たてまつ)りたまひて、軍を出して西を征ちたまふ。この時に、磯城の八十臬帥、彼處に屯聚(いは)み居たり。果して天皇と大きに戦ふ。遂に皇軍の爲に滅される。故、名けて磐余邑と曰ふ」といふ。 「畝傍の橿原に、宮柱底盤の根に太立て、高天原に搏風峻峙(ちぎたかし)りて、始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)を、號けたてまつりて神日本磐余彦火火出見天皇(かむやまといはれびこほほでみのすめらみこと)と曰す。(『日本書紀』巻第三神武天皇 即位前紀) 「磐余の邑」は、奈良盆地の東南端に位置し、桜井市の西部地域(桜井村外山から桜井市谷周辺)を指した古代の地名で、磯城邑の内にあり磯城彦兄弟の本拠地であった場所です。

六礼
次世代への幸福の願いを込めて陣幕を心を込めて張りました。 磯城彦の時代から連綿と受け継いできた十市県主今西家を若い世代の息吹きで盛り立てていって地下にしっかり根ざし太い幹に育ててくれる事と願っております。

美保神社
美保神社ご参拝 天孫降臨に先だち天つ神の使の神が出雲にお降りになって大國主神にこの國を天つ神に献れとお傳へになった時、事代主神はたまたまこの美保碕で釣魚をしておいでなされたが、父神のお尋ねに対し、畏しこの國は天つ神の御子に奉り給へと奉答せられ、海中に青柴垣(あをふしがき)をお作りになり、天逆手(あめのむかへで)を拍っておこもりになり、大國主神はそのお言葉通り國土を御奉献になったと傳へてゐる。かくて事代主神は多くの神神を帥ゐて皇孫を奉護し我國の建國に貢献あそばされた。又神武天皇綏靖天皇安寧天皇三代の皇后はその御子孫の姫神で、國初皇統外戚第一の神にあたらせられ、なほ古来宮中八神の御一柱として御尊崇極めて篤い神様である。 原文に「青柴垣打成」とあるが、打つは拍手に掛からず、手を打つとは手段をとるという意味で青垣とは、倭之青垣を差し御諸山(三輪山)に移ることを暗示している。 #天孫降臨 #大国主 #事代主 #青柴垣 #天逆手 #媛蹈鞴五十鈴媛命 #天日方奇日方命

樂樂福神社
十市県主今西家は、縄文時代後半(約4000年前)に纒向川と初瀬川に囲まれた磯城嶋において、出雲神を祀った先住氏族で、磯城邑しきむら(磯城、十市両郡地方)首長の磯城彦兄弟の弟磯城黒速の子孫であると伝わる(神武即位前紀戊午年9月戊辰条・古事記神武段)が、(弘仁六)815年に編纂された古代研究の基礎史料である新撰姓氏録において、十市県主と同族の中原系図に十市県主は、磯城県主から分れた旨を記載している。 古事記においての第七代孝霊天皇皇后の十市県主の祖大目の娘細比売命くわしひめのみことの表記名が、日本書紀では磯城県主大目の娘の細媛命と記されていることから十市県主は磯城県主と同一氏族であることがわかる。

社会貢献実現のための収益事業
公益法人にとっての収益事業には、法人のメインである公益事業にかかる費用を収益事業の収益でまかなうというミッションがあります。 民間の株式会社のように利益をあげることだけが目標ではなく、その利益を社会教育福祉に還元できることが本法人の事業形態の大きな特徴となっています。

徳政令=債務破棄という名のラストデイ
幕末四賢候の一人で16代越前福井藩主の松平春嶽公自からが今西家へ赴いて拝領された笏谷石(しゃくだにいし)の流し台があります。 水に濡れると深い青色に変化することから別名「青石」とも呼ばれていますが、重量が軽いです。 今西家と姻戚の材木商や金融業を幅広く営んでいた今井町随一の豪商であった牧村家は、利休七哲 (蒲生氏郷、細川忠興、古田織部、芝山監物、瀬田掃部、高山右近、牧村兵部)のひとり伊勢岩手藩主の牧村利貞が牧村家初代と伝わり、その孫が今井へ移住し、代々材木商を営みました。 幕末期には松平春嶽に貸し付けを行い福井藩蔵元を務めていましたが、明治維新後の徳政令によって大名貸の貸付金が凍結し、債権が放棄され今井町を離れざるを得なかったのは、世は世といえ悔やんでも悔やみきれません。

今西家 正月
今西家は戦国時代からお正月の三が日は神棚、仏前に一日2回お参りするのが慣習になっています。 神棚には、神饌として米・酒・塩・水の他に鏡餅、お雑煮をお供えし、榊の代わりに松竹梅を飾り付けします。 仏前には、御仏飯の代わりにお雑煮をお供えし、お花は松竹梅を飾り付けします。 夕方には、炊きたての御飯をお供えします。 そして、三が日の最後の御飯をお供えして、早々と鏡開きをします。 今西家は自治権を幕府から委ねられ役所と裁判所、警察署を兼ねていましたので1月4日から仕事始めになっていたからです。 永禄9年(1566年)、十市から今井に移住して以来今も古来の仕来りを連綿と守っております。 神仏の御加護そしてご先祖のお蔭で、今井へ移り住んで455回目の正月を迎える事が出来ました。 感謝

さらに表示する