先祖 · 2018/05/27
「明わたる 天のかぐ山 そらかけて とをちの里の  梅の下風」 (群書類従 十市遠忠) 十市遠忠は、十市新左衛門遠治の子で、中原朝臣も称す。その頃、十市氏は興福寺大乗院方の衆徒であったが、父遠治の時代に所領を拡大した。 天文二年(1533)頃、遠忠が家督を継ぐと、木沢長政や筒井氏と争い、龍王山城に拠って一大勢力を築いた。官職は兵部少輔に進む。 天文十四年三月十六日、四十九歳で没。 堂上派の和歌を学び、三条西実隆、公条に師事した。詠草・自歌合・定数歌などが多く伝存し、正・続群書類従には百首歌と四種の自歌合が、私家集大成には五種の詠草が収められている。書家としても名があり、藤原定家撰の『拾遺百番歌合』『別本八代集秀逸』、宗良親王の『李花集』、藤原清輔の詠草など多くの歌書を写して後世に伝えた。 戦国の世、いくさにあいまみえながらこそ平和を望む歌が多い。 ・「十市遠忠百首」 続群書類従394(第十四輯下) ・「十市遠忠百番自歌合」 続群書類従417(第十五輯下) ・「十市遠忠三十六番自歌合」 群書類従222(第十三輯) ・「十市遠忠五十番自歌合」 続群書類従416(第十五輯下)
イベント · 2018/05/18
重要文化財今西家住宅にて、20(日)まで華倭里さんの行燈と奥田表具店さんの岡本太郎特別賞受賞の新進気鋭の小松原智史氏の表具屏風を展示中。 吉野山の葛御菓子TSUJIMURAさんの葛菓子も販売されています。 今井町重要文化財今西家住宅へは、近鉄橿原線八木西口駅下車徒歩5分、JR西日本万葉まほろば線畝傍駅下車徒歩15分、自動車は南阪奈道路から高田バイパス寺田ランプで降り、五井町交差点を越えて次を右折し、正面が今西家住宅。駐車場は橿原市営「今井町交通広場駐車場」明日まで無料。
イベント · 2018/05/14
5月12日〜5月20日町かどアート ・町の幻想・屏風・ あかり展開催中 ※入館料(大人400円、中学生以下200円)(重要文化財 今西家住宅)
今井町 · 2018/05/07
福井藩の蔵元を務めた今井町きっての豪商で材木商や両替商を手広く手掛けた今西家と姻戚関係の牧村家(木屋)がありました。今井宗久とも懇ろな関係で敷地内に今井宗久設計の茶室がありました。(現在、堺市の大仙公園内に黄梅庵として移築されています。)牧村家の娘さんが堺きっての商家へ花嫁修行に行った際に両替天秤が実家のものと比べ粗末なのに驚いたという逸話が残っており繁栄ぶりが伺えます。
建造物 · 2018/05/07
馬を繋ぎ止めるための金具
今井町 · 2018/05/07
今井町は、幕末になると重税などにより町は衰退に向かい、明治政府の徳政令によって大名への貸付金が凍結し、富豪は消滅しましたが、依然として南大和の中心地であり、明治初年には奈良県出張所が置かれました。奈良県再設置問題がおこった時もその県庁舎の位置について奈良市を外し、今井町に設置しようとする有力な動きがあった程でした。